キーワード辞典
達成感

登録日 16/06/27   更新日 16/06/27

 検定試験  総合実践と商品開発  達成感  人づくりという評価  思考無き知識


以前にも何度か書いた記憶が有るのだけれど最近また気になり出してしまったので、リニューアル再掲載。
あくまでも私の私感です。 この言葉に自己陶酔している商業系の教諭、物凄く多いと確信しています。
他教科では、(当然前提として意識はしているけど)殆ど前面には感じない。


商業教育の世界では、ウンザリするほど「達成感」という言葉が氾濫していて、
しかも、どの様な商業的な学びから来る、どの様な達成感なのか、それをどの様に次へ繋げるのか、
を具体的に詳細に説明されたことは、未だかつて、一度も無い。(断言!)
紛らわしくて迷惑だから、いっそ「達成感科」に変えたら良いのではないかと提言したい。


「達成感」って、便利な言葉です。 商業系の何かの取り組みの発表では、成果として最後に必ずと言って良いほど登場します。 これを取り組みの成果の第1位に挙げる場合や、これしか言わない場合も普通に有ります。 この言葉を〆に使うと、内容は「?」でも、何だか凄い取り組みだった様な印象にさせられます。 私には結構違和感が有ります。 取り組みの目的が達成感なのだろうか、と。 内容について生徒に直接質問したい衝動に駆られます。

商品開発でも、地域の活性化でも、プログラミングでも、 英語プレゼンでも、熟議でも、数学や理科の問題でも、 あらゆる取り組みには各々に具体的で細かな学びの目的が有ります。 その各々の目的は勿論「達成感」では有りません。 それらの目的が遂げられた時、全ての教科、全ての取り組みには、例外無く「達成感」が有ります。 達成感によって生徒各々の自己肯定感や学びの定着が強くなる事は十分に理解していますが、 極端に言えば、取り組みに達成感を持たせるのは大前提で、 (小学校でも中学校でもない)高校の取り組みの発表で、 それを殊更に、最重要成果として安易に強調するものなんだろうか、と、思います。

何よりも、 取り組みの最重要事項を「達成感」で片付けてしまうと、 現在の自分の力の問題点の的確な認識と反省が蔑ろにされ、 課題に対する問題解決能力の育成にはならなくなるんだよね。

「達成感を生徒に如何に持たせるか」についての発表ならば、 それは、別の分野ではないかと思います。


最近、 「(教科「情報の」)プログラミングの目的は論理的思考ではなく(それは数学の授業ででもすれば良い)、 何よりも達成感だ」と断言された、 その手の本まで出版されている教諭の方とお会いして、物凄く面食らいました。 彼に因ると、どうせプログラマになる訳でも無いのだから、「自分で出来た」事が最重要で、 アルゴリズムの正しさも、プログラムが多少スパゲッティでも、 他者からのコードの見通しの良さも、全く頓着しないそうです。
私には本末転倒だとしか思えないのだけれど、そういう考え方も有るのでしょうかねぇ。





[ 赤い玉の画像 ] 「キーワード辞典」の目次へ

[ 黒板消しとチョーク受けの画像 ]